感染管理科のご案内

感染管理は、患者さんや家族、面会者、医療従事者を医療に関連した感染から守ることを目標としています。感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)が中心となり、院内の医療関連感染の早期発見と防止に取り組む活動をしています。また、院内感染対策委員会や各部署の感染対策を推進するリンクナースと連携し、感染のリスクを低減に努めていくとともに、安全で快適な院内環境の向上を目指します。
令和2年4月1日感染管理部門は、医療安全管理室から独立し感染管理科として新たなスタートを切りました。

構成メンバー

室長(医師)
1名
科長(医師)
1名
科長補佐(看護師)
1名
感染管理係(看護師)
1名
臨床検査技師(兼任)
1名
薬剤師(兼任)
1名

主な活動内容

院内感染対策委員会(ICC)

病院長を委員長とし、各部門の責任者が月1回集まり、感染対策に関する審議や院内感染対策チームへの助言、支援・評価を行います。院内感染対策の最高決定機関として位置します。

院内感染対策チーム(ICT)

週1回の抗菌薬ラウンドのほか、定期的に環境ラウンドを行います。院内感染対策マニュアルの評価・修正、感染対策の見直し・提言を行い、現場での感染対策を推進します。

主な活動

  1. 感染症発生動向の監視
  2. 週1回の院内ラウンドによる感染対策実施状況の確認
  3. 感染対策に関する相談
  4. 院内感染対策マニュアルの作成や改訂
  5. 感染対策改善への介入
  6. 感染対策に関する職員教育・啓蒙
  7. 院内感染流行発生時の速やかな調査・対応

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

抗菌薬適正使用とは、患者さんに対して主治医が抗菌薬を使用する際、最大限の治療効果を導くと同時に、有害事象を出来るだけ最小限にとどめ、いち早く感染症治療が完了できるように感染症専門の医師や薬剤師、臨床検査技師、看護師が支援を行っています。

主な活動

  1. 感染症治療の早期モニタリングおよび介入
  2. 適正な抗菌薬使用の為の微生物検査の指標作成
  3. 抗菌薬適正使用に関する院内研修
  4. 抗菌薬適正使用マニュアルの作成
  5. 採用抗菌薬の見直し・検討

最終更新日:2020年4月21日

各部門のご案内

診療受付時間

初診・予約のない方の受付時間

午前8時20分~午前11時00分

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29~1/3)

診療科によっては受付時間が異なる場合があります。
詳しくは受診案内をご参照ください。

面会受付時間

平日

午後3時00分~午後7時00分

土曜日・日曜日・祝日

午前10時00分~午後7時00分

詳しくは面会についてをご参照ください。