呼吸器内科

当科は日本呼吸器学会と日本アレルギー学会の認定施設であり、専門医が各疾患のガイドラインに準じた標準的な診療を、科内のカンファレンスにて患者さんひとりひとりに適するよう検討しながら行うようにしています。

主な対象疾患

(下記以外の呼吸器疾患も診療を行っています)

肺癌

初期の肺癌は症状がありません。健診等で異常を指摘された時は、精密検査が必要です。当科では高分解能CTで病変の位置を調べ、気管支鏡検査で確定診断を得るようにしています。さらに、腹部CT、頭部MRI、PET(他院へ紹介)、骨シンチなどで病期(ステージ)を確認し、体力や年齢を考慮して呼吸器外科医や放射線科医と協力して治療方針を決定しています。病期Ⅰ、Ⅱでは手術療法を優先します。手術が適さないと判断された場合は、放射線療法や薬物療法を行います。EGFR遺伝子変異やALK融合遺伝子が陽性の場合、分子標的薬を検討します。免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬)の適応も検討します。薬物療法は種類によっては入院で行うこともありますが、通院で行うことが多くなっています。

喘息

学会のガイドラインに準じ、吸入ステロイドを中心とする治療で、健康な人と変わらない生活が送れることを目標としています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

肺気腫と慢性気管支炎が含まれます。進行すると咳や痰、動いた時の息切れが出ます。胸部CTと肺機能検査で病期を正確に診断し、禁煙と気管支拡張薬を主とした治療を行います。

間質性肺疾患

高分解能CTを行います。必要時は気管支鏡検査や肺生検を検討します。病状に応じてステロイドや免疫抑制薬や抗線維化薬による治療を行います。

呼吸不全

種々の肺疾患で低酸素症になってしまった方に、在宅酸素療法や非侵襲的陽圧換気療法などの在宅療法を行います。

医師の紹介

氏名 職位等 卒年 資格等
松本 裕 診療部長 昭和60年 日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
身体障害者福祉法指定医(呼吸器機能障害)
日本医師会認定産業医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター
井上 聡 上級医長    
岡田 浩平 医長 平成22年 日本内科学会認定医
片 佑樹 医長    
水谷 知美 医員 平成28年  

外来担当表

最終更新日:2019年6月4日

各部門のご案内

診療受付時間

初診・予約のない方の受付時間

午前8時20分~午前11時00分

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29~1/3)

診療科によっては受付時間が異なる場合があります。
詳しくは受診案内をご参照ください。

面会受付時間

平日

午後3時00分~午後7時00分

土曜日・日曜日・祝日

午前10時00分~午後7時00分

詳しくは面会についてをご参照ください。