ケロイドとは

ケロイドとは、傷あとが大きく盛り上がったもので、少しずつ拡大してゆくのが特徴です(大きくならないものは肥厚性瘢痕とよばれます。)
見た目のほか、痛みや痒みなどの症状が問題となります。
原因については、様々な議論がなされているものの、いまだ完全には解明されておりません。そのため、ケロイドが生じた場合には、その症状にあわせた治療が行われます。
具体的には、ステロイドテープの外用や、傷あとへのステロイド局所注射、トラニラストという抗アレルギー薬の内服などが挙げられます。また、見た目の改善を強く希望する場合や、ケロイド内部に膿がたまり、炎症をくりかえす場合などは、手術治療を行います。手術単独では、高い確率で再発するため、術後に放射線照射を併用します。

胸部ケロイド 術前
胸部ケロイド 術前

手術+電子線照射後4年
手術+電子線照射後4年

最終更新日:2022年5月31日

各部門のご案内

診療受付時間

初診・予約のない方の受付時間

午前8時20分~午前11時00分

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29~1/3)

診療科によっては受付時間が異なる場合があります。
詳しくは受診案内をご参照ください。

面会受付時間

平日

午後3時00分~午後7時00分

土曜日・日曜日・祝日

午前10時00分~午後7時00分

詳しくは面会についてをご参照ください。