循環器内科

食生活の欧米化や人口の高齢化により、循環器疾患を持つ人は増加しています。また、日本人の死因の第二位は心臓病であり、その割合は年々増加しつつあります。
当科は、大和市において水準の高い循環器医療を提供する医療機関の一つとしての役割を果たしています。対象は、虚血性心臓病(狭心症、急性心筋梗塞)・心不全・不整脈・心臓弁膜症・肺高血圧症・高血圧症等、全ての循環器疾患に及びます。臨床スタッフは豊富な経験を有しており、常に活発な意見交換を行いながら、患者さん一人一人に最適な治療法を選択し、十分な説明を行った上で実施しております。心臓病の救急の患者さんを、年間を通して24時間体制で受け入れております。

診療内容・特徴

主に、当科で行っている検査内容や治療内容についてご説明いたします。

心電図(安静・運動負荷)

一般的に検査される心電図を専門的知識を元に解析し、この結果を元に循環器的な精密検査を考えていきます。
運動負荷心電図はベルトコンベアーの上で歩行してもらい、心臓に負担をかけた時の心電図変化を検査します。

ホルター心電図

携帯の心電図をつけて普段の生活をしている間の心電図を24時間記録します。不整脈、狭心症の診断のために行います。

心臓超音波検査

超音波を使って心臓や血管の形、機能の異常、血流の異常がないかを診断します。

頚動脈エコー図

超音波を使って頚の動脈を観察し、動脈硬化の程度を診断します。

ABPI

四肢の血圧を同時に測定して、血管のつまり具合、動脈硬化の程度を診断します。

心臓核医学検査(SPECT, PET)

放射性同位元素で標識した薬品と心臓に負担をかける薬剤を静脈注射して心臓の血流を調べます。おもに虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断のために行われます。

マルチスライスCT

造影剤を使用してCTの検査を行い、画像をコンピューターで処理する事で心臓の血管を見る事が出来ます。

心臓カテーテル検査

手又は足の血管から細い管(カテーテル)を心臓まで進めて心臓の中で血圧を計ったり、造影剤を使って心臓の動きを観察したり、冠状動脈などの血管に異常がないかを調べます。

カテーテルアブレーション(不整脈治療)

足や首の静脈から電極カテーテルを心臓まで進めて不整脈の診断、治療を行います。当院では心房細動へのカテーテル治療が年々増加しています。

高度な医療技術の提供

近年循環器疾患治療の進歩、特に非薬物療法の進歩は目を見張るものがあります。虚血性心臓病に対する治療はカテーテルの先につけた風船を冠動脈の狭くなった部分で拡張することによって狭い部分を広げ血液の流れを改善する治療から、薬剤溶出性ステントなどの登場により、従来と比べてより安全に確実に治療が可能となりました。また、超重症な心臓機能低下に対しては、体外式心肺補助装置(PCPS)をベッドサイドで装着し、弱った心臓を補助することが可能となりました。

診療実績

令和2年度

  • 心臓カテーテル検査 195件
  • 冠動脈インターベンション治療 117件
  • ペースメーカー植え込み術(新規) 24件
  • アブレーション治療 89件
  • 末梢血管インターベンション 6件

病診連携の推進

循環器内科では、かかりつけの先生と循環器内科医と共同で皆様の診療を担当する病診連携を進めております。原則として、投薬治療の継続はかかりつけの先生にお願いし、その状態に変化があった場合(例えば心不全や狭心症の増悪など)の診療や定期的な経過観察は、循環器内科主治医が担当いたします。

医師の紹介

氏名 職位等 卒年 資格等
今木 隆太 上級医長 平成11年 医学博士
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本不整脈心電学会不整脈専門医
日本循環器学会循環器専門医

日本内科学会総合内科専門医
柿﨑 良太 医長 平成23年 医学博士
日本内科学会認定内科医
小林 周平 医長 平成25年 医学博士
日本内科学会認定内科医
瀧上 悠 医員 平成28年  
安野 仲子 非常勤   日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会認定内科医

日本循環器学会認定研修施設
日本不整脈心電学会不整脈専門医研修施設

外来担当表

最終更新日:2021年8月30日

各部門のご案内

診療受付時間

初診・予約のない方の受付時間

午前8時20分~午前11時00分

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29~1/3)

診療科によっては受付時間が異なる場合があります。
詳しくは受診案内をご参照ください。

面会受付時間

平日

午後3時00分~午後7時00分

土曜日・日曜日・祝日

午前10時00分~午後7時00分

詳しくは面会についてをご参照ください。