看護師ブログ

2022年2月28日NCPR学習会

こんにちは、4階東病棟ブログ担当のIです。
うちの病棟は血液内科と産婦人科の混合病棟です。
生まれての赤ちゃんからご高齢の方までおられるので、看護師と助産師が協力して成り立っています。
命が生まれてきて終わる方もいる、そんな場所なので色々な事に対応できるよう勉強会も行っています。
今回はそんな勉強会の様子をご紹介📝

救命講習ってご存知ですか?
近頃は学校や教習所でも行われているアレです。
緊急事態にはオレンジ色のケースのAEDを持ってきて…といった一連の流れを練習したよ、という方も多いのではないでしょうか。
実は病院にも設置されています。

では赤ちゃんは…?👶👶👶
通常、赤ちゃんは生まれてくるとまず泣きます。
「泣く」といっても、生まれたての小さな赤ちゃんにとっては初めての「呼吸」なのですごく大事な事なんですね。
正常分娩で生まれても帝王切開で生まれても、赤ちゃんにとって外に出てくる過程は大変な冒険です。
そんな中、生まれる前に体力を使いきってしまったり、なんらかの理由で初めての呼吸がうまくできない子がたまにでてきます。
そんな時にはお手伝いが必要になります。
大人の救命講習と同じように赤ちゃんの救命講習もありまして。
当院でもインストラクターの資格を持つ医師の指導のもと、スタッフが講習を受けています。

(資格もあって、講習が終了し試験に合格した暁には素敵なカードが発行されます💮)
大人と同じ方法では負担が大きいので赤ちゃんのための蘇生法が行われます。
元気に産まれてくることが当たり前だったらいいのですが、もしもの時にベストを尽くせるよう繰り返しシミュレーションを行って備えている…そんな病棟です。

トップへ戻る