看護師ブログ

2019年8月9日虹のようなチーム

7月の担当は外来になりま〜す😆
梅雨も明け、空はピーカンのお日様に救急外来では夏特有の熱中症に日夜走り回る、バッタバタの日々を過ごしております!
今回、私は初めて外来のブログ担当になりましたので紹介します❤️
外来は内科、外科、小児科…総合病院なのでたくさんの科がありますが、私の担当は主に救急と放射線科がメインとなります。いっとき内科と透析室を3年学ばせていただきました😊職場環境を守るための活動にも力を入れており、自分もみんなも働きやすい環境作りをモットーに外来も病院全体にも尽力したい…そんな願いを持って頑張っています✨✨✨

さて、今年の外来はこれまでになく『トリアージ』ができるように各チームが毎月学習会を計画、開催しております✊
重症感を数秒で評価…A気道 B 呼吸 C 循環 D 神経学的所見を3〜5秒で評価し、JTASという共通のツールで緊急度を判断していくには日々の学習と訓練が必要なんですね💦💦
限られた人的環境の中でどうチームで動いていくのか、それぞれの外来チームで高め合っていけるよう頑張っております!

カテ室も同様に安心、安全をモットーにタイムアウトを導入して10ヶ月。スタッフ全員が1人の患者さんの検査や治療に名前確認はもちろんのこと、検査の目的、患者さんの個別性からどこを注意するのか、何を見るのか確認をしてから検査を行っております。また、ただ終わらせるのではなく、デブリーフィングも導入し何がどうだったのかをスタッフ間で振り返る時間も設けてはと…その発信は循環器Dr.でまだまだ慣れずに不完全ではありますが次のカテに向けてその日の検査を無駄にしない、チームで成長し合えるよう取り組んでおります🌼

そんな私の休日は…
ジャジャーーン✨✨スポーツです!!
初めは子供の引率で地域の綱引きに参加した程度でしたが、今では本格的なレーンマット上で本気の綱引きにエントリーし、自治会仲間と毎週末・水曜練習に汗を流しています💪

手術室のチームワークとコミュニケーションを考える

ジュニアの全国大会前には、こどもの体重を気にしておやつをセーブするなど気をつけています💦💦

と思いきや、元々卓球育ちなので夜勤前や明けを利用して自治会館で卓球もやったり(笑)最近はやりのバウンス(バレーボールみたいなもの)も始めちゃって、今はこのバウンスが1番面白い(笑)

手術室のチームワークとコミュニケーションを考える

手術室のチームワークとコミュニケーションを考える

こちらは、綱引きの仲間との円陣の一枚🌈
「虹色エイト」というチーム名ですが、このチーム名には深い意味があります。
虹は様々な色で構成されているように、チームも一人一人が様々なカラーを持ち、そしてそのカラーが一人一人輝くことでこの虹は美しく、人を感動させるんです✨✨
綱をどこで引くのか、誰と引くのか…常に仲間とスポーツできることに感謝して、、、そんな思いで円陣を組みました。
これってまさにうちの外来チームだなって🌈🌈🌈

看護師が80人もいる外来(笑)
チームはABCDと4チームありますが、スタッフのどの方もほんとに素敵でまさに虹のようなチームです🌈

トップへ戻る