看護部長のご挨拶

看護部長 飯塚真弓

看護部長 飯塚真弓日々、医療は目覚ましい進歩を遂げ、それに伴い看護分野に求められることも増えてきており、看護師育成においても課題が山積しています。
当看護部が新人教育で一番のねらいにしていることは、「職場環境に適応できるよう支援する」ということです。
看護師経験者であっても、新しい環境に適応するためにはとても労力を使います。一人で頑張るだけでは疲れてしまい、仕事が続けられなくなってしまうこともあります。
そこで、今年度より新たな取り組みとして、新人一人に対して、新人支援ナースと実地指導者の二人で役割を分担して支援にあたるという方法をとっています。その他にも、院内研修でのサポートや師長・主任、スタッフ全員で新人を支援することを心がけています。
更に、精神看護専門看護師(リエゾンナース)も定期面接をしながら職場適応支援をしています。このリエゾンナースの支援は全国でもほとんど例が無く、当院独自の取り組みといえます。
適応ができれば学習も進み、仕事が楽しいと思えるようになりどんどん成長していけます。
最近では、看護師を目指した理由は多岐にわたりますが、看護部理念である「患者中心の看護」を一緒に実践し、看護って素晴らしいと感じられる看護師になってほしいと思います。

トップへ戻る